映画「プラド美術館 驚異のコレクション」公式サイト » NEWS

スペインクラブ・グルメテリア・イ・ボデガ(銀座)にてグラスCAVAサービス実施♪

2020/07/22 11:58 up!

映画の後は、スペイン料理をお楽しみください。
7/24より「スペインクラブ・グルメテリア・イ・ボデガ」(銀座)に、映画『プラド美術館 驚異のコレクション』を観た半券を持参すると、グラスCAVA(スペークリングワイン)もしくはソフトドリンクがサービスになります♪
※スペインクラブ・グルメテリア・イ・ボデガ限定です。半券1枚につき、1度限り有効。他のクーポン、割引券との併用はできません。
 

「スペインクラブ・グルメテリア・イ・ボデガ」
東京都中央区銀座7-12-14 大栄会館1F
tel.03-6228-5356

https://spain-ginza.com/
映画の余韻を味わってくださいね♪

Bunkamura「ロビーラウンジ」にてオリジナルメニュー登場!

2020/07/20 10:14 up!

『プラド美術館 驚異のコレクション』の公開を記念して、Bunkamuraロビーラウンジにてコラボメニューが味わえます。
  
【アイスオレンジラテ】1,000円(税込)
*ル・シネマ半券提示で100円引き

歴代スペイン王家のコレクションを有するプラド美術館の貴賓と優雅さをチョコレートとオレンジを使ったラテで表現しました。チョコレートを入れたラテにオレンジシロップとオレンジゼリーを入れて爽やかな香りと触感を加え、夏の暑い日でも美味しく召し上がれる一杯に仕上げました。

提供期間:7/24(金)~ル・シネマ上映期間中
ロビーラウンジ:Bunkamura 1F TEL: 03-3477-9185
https://www.bunkamura.co.jp/lounge/topics/3710.html

また、「ロビーラウンジ」及び「ドゥ マゴ パリ」にて映画オリジナルコースターが登場します!(限定数)


是非チェックしてみてくださいね。

【美術館紹介】大塚国際美術館と映画『プラド美術館 驚異のコレクション』との関係とは?

2020/07/17 15:44 up!

大塚国際美術館は、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1000点を超える世界の名画を特殊技術によって、陶板で原寸大に再現。レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」をはじめ、ゴッホ「ヒマワリ」、ピカソ「ゲルニカ」など、美術書などで一度は見たことがある名画が一堂に会し、日本にいながら世界の美術館を体験できます。鑑賞ルート約4km、歩くだけで約1時間はかかる日本最大級の常設展示スペースを有し、プラド美術館の所蔵作品も48点鑑賞することができます。

2018年末の歌番組で話題を呼びましたが、本作で日本語吹替版ナビゲーターを担当している今井翼さん出演の第十回システィーナ歌舞伎「NOBUNAGA」の会場となったことでも知られています。

大塚国際美術館で鑑賞できる“映画『プラド美術館 驚異のコレクション』に登場する作品”


①エル・グレコの祭壇衝立復元
かつて戦禍により絵画が散逸した大祭壇衝立を学問的仮説に基づいて6点で推定復元し、かつての姿でご鑑賞できる、大塚国際美術館ならではの展示です。額縁は当時のデザイン・製法をもとに制作されています。エル・グレコ作品は本作を含み、9点展示。


②ディエーゴ・ベラスケス「ラス・メニーナス(女官たち)」
プラド美術館門外不出の作品「ラス・メニーナス(女官たち)」や「フェリーぺ4世の肖像」を含むベラスケス作品16点を展示。


③フランシスコ・デ・ゴヤ「着衣のマハ」「裸のマハ」
「着衣のマハ」、「裸のマハ」など11点のほか、建物が現存せず壁画からカンヴァスに移され、現在はプラド美術館所蔵となっているゴヤの家に描かれた「黒い絵」14点を当時の室内配置そのままに再現し展示。


④ヒエロニムス・ボス「快楽の園」
プラド美術館では扉が開いたまま展示されているボスの三連祭壇画を自動開閉式で鑑賞できます。扉が閉じると現れる「天地創造」が鑑賞できるのは大塚国際美術館ならでは。

■陶板名画について
大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によって陶器の大きな板(陶板)に原画に忠実な色彩・大きさで名画を再現したものです。紙やキャンバス、土壁に比べ色が経年劣化せず、また大きさも原寸大に再現されているため、実際の名画を見るがごとくの迫力や臨場感を味わうことができます。

スクロヴェーニ礼拝堂

■基本情報
【住  所】〒772-0053徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
【T E L】088-687-3737 
【F A X】088-687-1117
【U R L】https://www.o-museum.or.jp/
【開館時間】9時30分から17時(入館券の販売は16時まで)
【休 館 日】月曜日(祝日の場合は翌日)/1月は連続休館あり/その他特別休館あり *8月無休
【入 館 料】一 般 3,300円 / 大学生 2,200円 / 小中高生 550円 *20名以上の団体は10%割引

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のため お客様へのお願い》をご一読ください
※公式オンラインチケットをおすすめしています。

是非、訪れてみたい美術館の一つですね♪

【レポート】今井翼登壇トークイベント「僕にとって、リスタートではなく新たなスタート!」

2020/07/16 12:11 up!

7月15日(水)、日本語吹替版のナビゲーターを務める今井翼さん登壇のトークイベントを実施致しました。
本格復帰を果たし、歌舞伎の舞台やNHK大河ドラマへ、連続ドラマへの出演が続々決定するなど、このコロナ禍にあっても好調なリスタートを切り、さらなキャリアを積み重ねる今井翼さん。プラド美術館の再オープンのタイトルである「Reunion」にかけまして、1年間の休養を経てリスタートを切ったご自身についても語っていただきました。

インスティトゥト・セルバンテス東京館長のビクトル・ウガルテ・ファレロンス氏による挨拶の後、「スペイン語の最高の生徒さんです」との呼びかけにより登場した今井翼さん。2012年スペイン文化特使、そして2013年スペイン親善大使を務めた今井さんは、久しぶりに再会した旧知の仲である館長と「お久しぶりです。本日は館長や皆さまと一緒の時間を過ごせて嬉しいです。」と流暢なスペイン語で挨拶。館長は「お会いする度にスペイン語がうまくなっている。ペラペラですね」と驚きを隠せない様子。

今井さんは、「僕にとっては新たなチャレンジであった『プラド美術館 驚異のコレクション』の吹き替えを務めさせていただけたことは、身に余る光栄でした。ようやく皆さまにご覧いただける日が来て良かったです」と、コロナ禍で公開が延期となった本作が無事公開できることへの喜びを口にした。スペインを最初に訪れたのが約15年前だった今井さんは、「フラメンコがきっかけで初めは訪れたのですが、スペインの文化にすっかり魅了されました。僕にとって初めて訪れた美術館がプラド美術館なんです。僕の大好きなスペインの文化・伝統をようやく皆さまにお届けできてうれしい」と語る。

さらに「僕は、感覚的に好きだと思ったものを掘り下げることが多いんです。プラド美術館で展示されている中ではシュルレアリスムの先駆けともいわれているゴヤや、ダリの作品が大好きなんです。実は自分の家のトイレにはダリの絵がバーっと飾ってあって“ダリベン”と呼んでいるんです(笑)」と会場を沸かし、初めて挑戦した吹き替えの仕事に関しては、「作品名、作家の名前が日本語では馴染みのないものも多く難しかった」と語り、「仕事を通して学びになった」という。

プラド美術館の館長で、本作にも出演されているミゲル・ファロミール氏から、ビデオメッセージが会場で流れると、「また美術館で作品を鑑賞できる日が戻ってきて嬉しいです。自分もプラド美術館に展示してある作品からたくさんのエネルギーをもらいました。プラド美術館には想像を超えるものがあります。この映画はそれを最高峰の映像、音楽で、美術館での鑑賞とはまた一味違う臨場感を味わうことが出来ると思います。いつか世界が落ち着いたら、映画で得た知識をもとにもっと作品をじっくり見に、再びプラド美術館を訪れたい。スペインに行きたい」と語る。

プラド美術館の再オープンのタイトルである「Reunion」=再会、再結成にかけて、「1年間休養をとらせていただいたのですが、僕にとってはこの声のお仕事というのがリスタートではなく新たなスタートでした。お芝居やダンスはもちろん、声のお仕事はずっとやりたいと思っていたのですが、これだけ壮大な作品に携われるとは思ってもいませんでした。」とご自身のリスタートについて語り、『プラド美術館 驚異のコレクション』は美術館の深い歴史と今修復作業などに携わられている方々の生きた証言など、濃いドキュメンタリーに仕上がっています。この映画をきっかけに芸術を楽しんでもらえたらと思います」と語りイベントは終了した。

薪で炊くパエリア専門店「エルトラゴン」にてワンドリンクサービス実施♪

2020/07/10 12:48 up!

バレンシアを起源とする「パエリア」を日本で再現すべく、調理に薪を使用して本場の味を日本で再現した「エルトラゴン」および姉妹店の「エルトラゴンal Punto」でキャンペーン実施中!公開中に、映画『プラド美術館 驚異のコレクション』を観た半券を持参すると、ワンドリンクサービスしてもらえます♪是非、映画の余韻を美味しいパエリアとともに味わってみてくださいね。

住所:東京都港区西新橋2-13-8 広瀬ビル1階
電話:03-6268-8636
公式サイト https://eltragon.owst.jp/

【期間延長】世界堂 新宿本店にてキャンペーン開催!

2020/05/28 11:18 up!


「世界堂」新宿本店にて開催のコラボキャンペーンを期間延長いたします!
対象の「マイメリ」商品をお買い上げの方先着20名様に劇場鑑賞券とプレスシートをプレゼント!
詳細は世界堂公式HPをご覧ください。
https://www.sekaido.co.jp/event/865/

※キャンペーンは終了しました。

7月24日(金)に公開日決定!吹替版ナビゲーター・今井翼さんからメッセージも!

2020/05/20 15:00 up!

コロナの影響下で4月10日(金)の公開が延期となっておりました『プラド美術館 驚異のコレクション』が
7月24日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか
全国順次ロードショーすることが決定いたしました。
改めて公開が決まり、本作の日本語吹替版ナビゲーターを務めた今井翼さんからもメッセージが届いています。


「歴史あるスペインの風景と美術が広がり、実際にプラド美術館に訪れたような気持ちにさせてくれる充実の映画になっています。
当初よりも公開が遅れていますが、この作品を通して異国情緒をお楽しみいただける平穏な日常が戻ることを祈っております。」

JOURNAL STANDARDにてコラボTシャツ発売!

2020/04/17 15:02 up!

JOURNAL STANDARDにて映画『プラド美術館 驚異のコレクション』とのコラボTシャツが発売になりました。
全4柄/5,500円(税別)
全国の店舗及びオンラインストアにて限定発売!

オンラインストア
https://baycrews.jp/item/detail/journalstandard/cutsew/20071600906010?q_sclrcd=010

ブログ
https://baycrews.jp/blog/detail/3115028

人気のアートTシャツで、映画を先取りしよう!

公開延期のお知らせ

2020/04/06 18:00 up!

2020年4月10日(金)に公開を予定しておりました『プラド美術館 驚異のコレクション』につきまして
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ご来場されるお客様の安全と健康を第一に考え、
公開を延期することといたしましたのでお知らせいたします。

延期後の公開予定日は、日程が決まり次第お知らせいたします。

また、お買い上げ頂きました前売券(ムビチケカード)は
延期後の上映にもご使用いただけますので、そのままお持ちくださいますようお願いたします。

公開を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。
ご迷惑をおかけいたしまして私共としても大変心苦しい次第ではございますが、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月6日
東京テアトル株式会社/株式会社シンカ

本日3月30日はフランシス・デ・ゴヤの誕生日♪日本で楽しめる2点のマハをご存知ですか?

2020/03/30 15:07 up!

1746年3月30日はスペインの巨匠画家フランシス・デ・ゴヤの誕生日です。
映画『プラド美術館 驚異のコレクション』でも代表作『裸のマハ』や『黒い絵』シリーズ
が登場しますが、そんなゴヤの『裸のマハ』や『着衣のマハ』の模写が東京のレストラン
「スペインクラブ」で見ることができます。

スペイン文化省が特別に支給(年間4~6枚限定)したキャンバスを使用し、模写作者カルメン・ウヘナ
がプラド美術館のモデル作品の前で自筆で描いています。現在、プラド美術館では模写を許可していない
ばかりか、『裸のマハ』『着衣のマハ』に関しては貸出さえも禁止しています。そのため、現在、日本で
閲覧可能な『裸のマハ』『着衣のマハ』唯一の模写作品となります。

『裸のマハ』:レストランテ スペインクラブ銀座 にて閲覧可能 https://spainclub-ginza.com/
『着衣のマハ』:月島スペインクラブ にて閲覧可能  https://spainclub-tsukishima.com/

※画像は映画本編の『裸のマハ』