映画「プラド美術館 驚異のコレクション」公式サイト » CAST&STAFF


ナビゲーター ジェレミー・アイアンズ
JEREMY IRONS

イギリス、ワイト島出身。演劇学校卒業後に舞台デビュー。71年にミュージカル「ゴッドスペル」で注目され、演劇やTVで活躍する。映画デビューは80年の『ニジンスキー』。サイコスリラー『戦慄の絆』(86)で双子の兄弟を演じ分け、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演男優賞などを受賞。90年の主演作『運命の逆転』でアカデミー賞主演男優賞などを独占した。ディズニーアニメーション『ライオン・キング』(94)や人気シリーズ『ダイ・ハード3』(95)の悪役など、歴史物からファンタジー、サスペンスと幅広い作品で活躍する。現在、SFアクションドラマ「ウォッチメン」がスターチャンネルで放送中。400年間放棄されていたアイルランドの城を修復して暮らすという、歴史とアートを愛する知識人の一面も持つ。


建築家 ノーマン・フォスター卿
LOAD NORMAN FOSTER

プラド美術館200周年記念事業「諸王国の間」のリノベーションを担当。イギリス、マンチェスター出身。市役所勤務を経て、マンチェスター大学で建築・都市設計を学び、イェール大学で建築学の修士号を取得。67年に設計事務所フォスター・アンド・パートナーズを設立。83年、王立英国建築家協会(RIBA)よりゴールド・メダルを授与される。85年、構造をむき出しにした斬新な「香港上海銀行・香港本店ビル」で世界的に注目される。99年にプリツカー賞を受賞。主演作にドキュメンタリー映画『フォスター卿の建築術』(14)がある。16年には東京・六本木ヒルズで日本初の展覧会「フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション」が開催された。


プラド美術館館長 ミゲル・ファロミール
MIGUEL FALOMIR

スペイン、バレンシア出身。1989年にバレンシア大学美術史科を卒業。93年に博士号を取得し、ニューヨーク大学美術研究所に留学する。帰国後はバレンシア大学の教授として迎え入れられ、1997年にプラド美術館のイタリアとフランスのルネサンス絵画部長になる。様々な展覧会のキュレーターを務め、2015年には保全研究所副所長に任命され、17年3月より現職。


監督、脚本 ヴァレリア・パリシ
VALERIA PARISI

2018年に死去したイタリアを代表する画家で芸術評論家ジッロ・ドロフレスのドキュメンタリー映画「Ultre Dorfles(未)」(18)の脚本家として映画界に入る。本作が長編ドキュメンタリー初監督作となる。